芦田愛菜が慶応義塾中等部にコネではなく実力で合格し慶応女子に!

芦田愛菜が慶応義塾中等部にコネではなく実力で合格し慶応女子に!
この春、子役で一躍有名になった芦田愛菜ちゃんが慶應義塾中等部に見事合格し、入学しました。今回の合格も、受験する事を決めてたった半年で合格を勝ち取り、芸能界と勉強の両立をしながら大変だったと思います。彼女の芸能界の軌跡を少しご紹介しましょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Pocket

芦田愛菜の子役から女優へ華麗なる転身

140_2

5歳でデビューを果たし、デビュー作「MOTHER」での迫真の演技が大評価され、そのあともドラマ「マルモの掟」に出演。

そしてそのドラマの主題歌も歌って大ヒットした芦田愛菜ちゃん。可愛らしい姿をいつもテレビで見せてくれていた愛菜ちゃんはなんと、その後とうとうハリウッドデビューまで果たしてしまうのです。

ハリウッド映画「パシフィックリム」では逃げ惑う少女の役を熱演。出演時間は3分と短いものの愛菜ちゃんのアップがハリウッドスクリーンに映し出されるとは、すごいことです。

そうして一躍有名になった芦田愛菜ちゃんは、次のドラマで成長した姿を見せます。

相手はNHKドラマ「マッサン」で有名になったシャーロット・ケイト・フォックスさん。

一躍有名人同士が義親子役で共演し、愛菜ちゃんは子役の枠を脱したイメージでの売り出しを図りました。しかし、このドラマは残念ながらヒットならず・・・。

成長した愛菜ちゃんは、もう演技だけではダメなのでは?と心配されました。そのドラマ終了と同時に愛菜ちゃんは静かにテレビから姿を消します。

それもそのはず。このテレビに出ない時間こそを、愛菜ちゃんは大チャンスに変えて一生懸命勉強をしていたのです。

慶応義塾中等部って?

140_3

慶應義塾中等部は、大学学習塾のランキング偏差値69の超難問校。

もちろん中高一貫式なので高校受験の必要がなく、また内部入学で大学も受験できます。

つまり、仕事がすこし暇になったときに一回の受験で終わらせておけば、あとの10年間はほぼ仕事に集中できるわけです。

もちろん学業との両立になるわけですから、たいへんですが愛菜ちゃんの素晴らしい才能でその忙しさもなんなく乗りこなせそうですね。

コネで入学したとの疑惑が?

140_4

さすがに有名な芦田愛菜ちゃんですからどこの学校からも話題作りのために引く手あまただったと思います。

愛菜ちゃんは慶應義塾中等部のほかに女子学院も合格していますので、コネという噂は「デマ」のようですね。

大手有名進学塾に夏期講習から始め、冬期講習、集中講座など毎日12時間以上勉強していた愛菜ちゃん。

この塾もレベルがかなり高いようで入塾するにもテストがあったらしいのですが、そこはもともと小学校で成績優秀だった愛菜ちゃん。

あっさりとその塾のトップクラスに合格して入塾するのですから、もともと素質があったのは確固たる事実ですね。

これは実力以外で受かったとしか言いようがないわけです。

今後の彼女

140_5

今後の愛菜ちゃんの活動は4月からの新番組、「気づきの扉」(テレビ朝日系)で初のナレーションに挑戦しています。

ドキュメンタリー番組で15分と短いですが、とても濃密で考えさせられる番組になっております。

今後、愛菜ちゃんを「知的タレント」として売り出すプロジェクトにピッタリの番組ですね。

しかも愛菜ちゃんはレギュラーですから学業と両立しながらのお仕事、ということになります。

子役という可愛らしい役柄からうまく「知的学生キャラ」にシフトしていった彼女。

まさにピンチをチャンスにかえて、自分のキャラに厚みを出し奔走開始!な愛菜ちゃんなのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

この記事に関する情報

カテゴリ一覧

タグ一覧

人気の投稿

スポンサーリンク

最新の投稿