松下奈緒のピアノはプロ並み!作曲家や歌手としても活躍する女優!

現在NHK朝の連続ドラマ「まんぷく」に出演中の松下奈緒。女優としても活躍中ですがピアノが得意なこともよく知られています。ドラマで披露していることも多く、その実力はなかなかのものだと感じる人も多いのではないでしょうか?そんな松下奈緒のピアノを始めるきっかけや経歴、実際の実力など音楽に対する情報を集めてみました!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Pocket

3歳からピアノを始め音楽大学へ進む

音楽好きのご両親のもと、母親もピアノの先生をやっていたそうで3歳からピアノ教室へ通い始めます。

高校の時に芸能事務所へ入り、モデルや女優のお仕事も始めていき、そちらの活動もしながら東京音楽大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻に入学します。

ピアノはそれまでずっと続けていたといことで、継続は力なりですね!

大学在学中に女優デビューとなった作品「仔犬のワルツ」では代役なしで自らがピアノ演奏して撮影しています。このピアノ演奏が松下奈緒のピアノ初披露となったのです!

それから松下奈緒はピアノだけでなく作曲家、歌手、コンサートなど音楽に関する仕事もどんどん増えていき女優業に負けないくらい精力的に音楽活動も行っていくこととなります。

松下奈緒のピアノの実力は?

果たして松下奈緒のピアノの実力はいかがなものなのでしょうか?

音楽大学のピアノ専攻出身なのですからそれなりに実力はあるといえます。

また、音楽家にはあると言われる絶対音感も持っていたようで、一度聞いた曲を再現できるだけではなく、色々な音をピアノで再現できるという素晴らしい才能を持っているそうです。

ただ、ピアノ経験者のなかではトップクラスの腕前でもコンクール出場歴などはないようでピアノ1本で食べていくというところまでは達していないように思います。

しかし女優として一定の知名度がある彼女が音楽活動をすることは大いに意義があることだと思いますので是非これからも音楽の楽しさを伝えていって欲しいなと思います。

音楽家としての活躍歴

調べてみると、彼女が女優の傍ら音楽家として携わってきた主な活動は本当に沢山あります。

NHK大河ドラマ『義経』のエンディング解説「義経紀行」の音楽でピアノ演奏をし、また、NHK連続テレビ小説『ちりとてちん』のオープニングテーマでピアノ演奏を担当しています。

他にもドラマでは多数ピアノ演奏を披露しています。

コンサートとしては東京芸術劇場で日本フィルハーモニー交響楽団とモーツァルトの『ピアノ協奏曲第20番』にて出演しています。また、歌手としてはアニメ映画『ピアノの森』の主題歌「Moonshine〜月あかり〜」でデビューもしています。

そして、第19回日本プロ音楽録音賞の部門A「2ch パッケージメディア」クラシック、ジャズ等にて、最優秀賞を受賞しています。他にもまだまだ沢山の活動歴がありました。

まとめ

こうして松下奈緒の音楽活動を調べてみると、音楽業にすごく精力的に活動しているのがわかります。そのうえ女優業までこなし、結果を出しています。

美貌や、才能もしかりですが、本人の頑張り屋なところや努力家なところがすごいと思いました。

中身もしっかりとした人なのだという印象を持ちました。これからも是非女優と音楽業で沢山の作品を生み出していって欲しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

この記事に関する情報

カテゴリ一覧

タグ一覧

人気の投稿

スポンサーリンク

最新の投稿