瀬戸康史の帰国子女じゃないのに英語が堪能なその理由は?

最近TVやCMで活躍している俳優・瀬戸康史さん。瀬戸康史さんは2017年のドラマ「先に生まれただけの僕」で英語教師役を熱演しました。そのときに、「英語の発音がスゴ過ぎる!」「英語がネイティブな発音!留学していたの?」と、話題になりましたが・・・どうやら瀬戸康史さん。帰国子女ではないようです。今回は瀬戸康史さんが留学経験がないのに、英語がとても堪能な理由を調べてみました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Pocket

瀬戸康史・英語の発音が完璧なのは毎日の訓練?

たしかに英語の発音が完璧な瀬戸康史さん。

出身は福岡県で、年齢は30歳。

デビューは若くして17歳から休まずに芸能活動をしているようです。

デビューしたあとも舞台「ミュージカル・テニスの王子様」で活躍していました。

その後は「仮面ライダー・キバ」の主役に抜擢されます。

これではさすがに留学する暇もないですし、デビュー前に海外に住んでいた・・・という情報もありません。

ではなんで英語が堪能なの?と、思いますよね。

それは瀬戸康史さんの家庭に理由があるようです。

瀬戸康史さん本人曰く、お母さんが<大の洋楽好き>ということ。

小さいころから、エルトン・ジョンやマライヤ・キャリーのCDが家中に流れていた・・・と話していました。

幼少のころから、英語に耳が慣れていた・・・ということなんですね。

そして瀬戸康史さんは物心ついたときから、洋画を字幕なしで観てみたい・・・という目標をもちます。

しかし英語教室などに通うことはなく、瀬戸康史さんの英語の勉強の教材は洋画のDVDだったのです。

海外留学ではない?独学で英語を学んだ瀬戸康史

洋画のDVDで瀬戸康史さんが大のお気に入りだったのは、当時流行っていた海外青春ドラマ「フレンズ」。

第1話を50回以上観た、と瀬戸康史さんは語ります。

大好きなドラマで英語の日常会話をマスターした瀬戸康史さん。

その独学方法が、かなり独特のようです。まずドラマを普通に何回か繰り返してみるそう。

そのうちに英語の台詞も、暗記しだします。

暗記したな、と思うと今度は字幕を消してドラマをもう一回見るそうなんです。

そして、また繰り返し同じドラマを見て・・・。

これは、そのドラマをかなり好きでないとできない手法ですよね!

瀬戸康史さんの「英語にかける情熱」と「海外ドラマ・フレンズにかける愛」がなせる技です。

今では英会話を完璧にマスター?海外進出の日も近い?

そんなふうに若いときからDVDで英語漬けだった瀬戸康史さん。

いまでは、英語での会話もぜんぜん苦にならない、ということです。

むしろ英語をしゃべれない環境の方が苦しいご様子。

現在はTVの仕事も忙しいですから時間が取れないそうですが、月に1度ほど英語に触れる機会を作っているそうです。

それは、英会話の得意な友達とお茶をすること。

そのときの会話はすべて英語で喋らなければいけません。

そんな厳しい「課題」も、瀬戸康史さんにはとっても楽しいストレス解消になっているのですね。

現在は長年レギュラーとしてNHK「グレーテルのかまど」に出演している瀬戸康史さん。

こちらの「グレーテルのかまど」は、ヨーロッパの昔ながらの伝統的な洋菓子を紹介し、実際に瀬戸康史さんが手作りしています。

英語が得意な瀬戸康史さんにぴったりの雰囲気の番組です。

もしかしたら、今度はフランス語やドイツ語の完璧な発音も披露してくれるかもしれませんね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

この記事に関する情報

カテゴリ一覧

タグ一覧

人気の投稿

スポンサーリンク

最新の投稿