佐藤健は続々と映画出演!次なる作品の内容や詳細

佐藤健さんは子供から人気の高い仮面ライダーシリーズで俳優として人気を集められて以降、多くのドラマや映画、CMに出演されています。現在では朝の連続ドラマ小説「半分、青い」でヒロインの幼馴染役として人気を集められています。最近の佐藤健さんはドラマよりも映画に出演されていることが多く、映画の役柄と演技力に注目が集まっています。そんな佐藤健さんの映画作品が気になったので調べてみました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Pocket

演技力の評価

佐藤健さんはこれまでにドラマや映画などでの演技力が高く評価されて多くの賞を受賞されています。

佐藤健さんは仮面ライダーシリーズでイケメンとして注目されてから俳優としての活躍の場が増えています。そして、ドラマ「メイちゃんの執事」に出演されたことで演技力を高く評価されて賞を受賞されています。

佐藤健さんはもともとブレイクダンスが得意であるためにアクションについては特に高い評価を得られています。

また、最近ではドラマ「天皇の料理番」で今まで以上に演技力が開花したとも言われていて、「天皇の料理番」ではいくつかの賞を受賞されています。

佐藤健さんはストイックな性格のために演技に対しても研究されて練習を重ねられると言われているために、現在では実力派俳優とも言われるほど注目されているイケメン俳優となっています。

注目された映画とは

佐藤健さんが特に注目を集められた映画は「るろうに剣心」になります。

「るろうに剣心」はもともと大人気コミックで実写化された映画で、主人公の緋村剣心を佐藤健さんがビジュアル、アクションと完全に再現されたことで注目を集められました。

「るろうに剣心」は大人気コミックのために実写化が決まった際には、大丈夫なのか?という声が聞かれていました。

しかし、映画が公開されると、原作者の和月伸宏さん自身も太鼓判を押すほど、コミックと変わりない実写化を再現されたと言われてさらに注目を集めました。

その中で佐藤健さん演じる緋村剣心は、はまり役とも言われるほど、迫力ある演技に圧倒されたとの声が多く聞かれて話題になりました。

「るろうに剣心」は佐藤健さんのいつもの爽やかなイメージとかっこよさの両方が一度に見られるとのことで注目された映画のために、現在でも注目の映画作品と言われています。

最新の映画作品の内容

佐藤健さんの最新映画は「億男」になります。

「億男」は映画プロデューサーの川村元気さんの小説を実写化された映画になります。

佐藤健さんが演じられているのは、図書館の司書ですが、失踪した兄の借金を返済するためにパン工場で夜中まで働く毎日を送っている男性です。

しかし突然3億円の宝くじに当たったことで、親友に相談すると親友が3億円を持ち逃げしてしまいます。

そしてお金を返してもらうために親友を探しながら、お金のスペシャリストと出会い色々なことを学びながら、お金の正しい使い方を模索して考えていくという映画です。

公開は2018年10月になるので、まだ映画の反響の声は聞かれてませんが、また佐藤健さんがどんな役柄を演じられて、話題を集められるのか注目されています。

まとめ

佐藤健さんは現在NHK連続テレビ小説「半分、青い」で甘いマスクと演技力で注目を集められています。

しかし、佐藤健さんはこれまで、多くのドラマや映画での演技力を高く評価されていることで、主演ではなくても話題を集められる俳優として注目されています。

そんな佐藤健さんが今後もどのような演技で話題を集められていくのか気になるのでこれからも見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

この記事に関する情報

カテゴリ一覧

タグ一覧

人気の投稿

スポンサーリンク

最新の投稿